FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善悪と他界観について

2009/01/27 14:25
20090127-00000002-maiall-soci-view-000.jpg
仏像も避難訓練だってさ(笑)なんか可愛い。

さて、ゾロアスター教について研究している岡田明憲さんという方の『死後の世界ー死者の運命と生者の観念ー』という本を読みました。いろんな宗教の他界観を紹介しながら、いろいろ示唆に富む見解を述べていて面白かったです。特に、「善悪」という概念から、他界観について考察しているのが、なるほど?と思っておもしろかったです。ある思想が各宗教に伝播していって、その土地独自の文化と、種種の人間の思考が作り上げる他界観って、本当に興味深い観念ですよね。

またある人は、ハイデガーの、現存在の消滅が死なのに、それを直視せずに、その先にまた世界を作って死の恐怖をごまかそうとしている、とかいう考えもあったり。それもなるほどという感じですけど、結局、死んでみないことには真相は分かりませんね(笑)

ちなみに、本屋のスピリチュアル・コーナーで衝動的に買ってしまった『誰も書けなかった死後世界地図』は、なんかうさんくさくて、なんでこんなの買っちゃったんだろうという感じです(笑)良いことは書いてあるんだけど、うさんくさい小学生の道徳の教科書のようでした。
スポンサーサイト

憧れの人

2009/01/26 19:01
最近、というか前からなんですが、テレビでお笑い芸人の山田花子さんを見て惚れ惚れしていました。いや、私は大石恵さんとか相田翔子さんとか普通に綺麗やったり可愛い人が好みなのですが、山田花子ちゃんは私の感性から見ると、女性として真に美しいと思ってしまいます。花子ちゃんのようになりたいです。

善の研究読了

2009/01/26 12:18
一年っていうと、まとまった長い時間で何でもできるように感じるけど、一週間が52回しかないと考えるとかなり少ない。毎日、着実に物事を進めていかなければ。

『善の研究』は感動しまくりでした。この初期西田の哲学が、後にどういうふうに自らによって覆されていくのかしら?もっと掘り下げてみたくなりました。何はともあれ、日本にもこんな凄い哲学者がいて良かった。西田幾多郎は神秘主義だったのね、愛とは、統一を求める情のことなんだって。だから西田によれば、自愛→他愛と進むんだって。そのほか、かなりいろいろと勉強になった。善とは一言でいうと、一つの統一力(すなわち人格)の欲求を満足させることなんだって!自分の“人格”が求める欲求を裏切ることは、善くないんだよ?!気を付けよう☆

次は何を読もうかな♪

善の研究

2009/01/20 13:43
なんとなく読んでいます。「要するに我が欲求を生ずるというよりはむしろ現実の動機が即ち我である」とか、いろいろ、へえええ???!って思いながら読んでいます。

迷宮の試煉

2009/01/19 21:57
今日は最後のゼミであり、最後の授業に行ってきました。ためになる話をいろいろと聞けて、素敵な先生で良かったなぁと、これからも頑張っていこうと思いました。

さて、生協の本屋をうろついてると、『迷宮の試煉ーエリアーデ 自身を語るー』が売ってました!山積みされていた…とは言い難かったですが(他の本に紛れて二冊だけ本棚に置いてありました笑)でも生協なんかにエリアーデの本が置いてあって感激です。生協もちゃんと仕事していたのね!もちろん即購入でした。ていうか、存在は知っていたのですが、とっくの昔に既に翻訳されてたとばかり思っていたら、よーく見ると去年の九月に出版されたばかりの出来立てホヤホヤだということで驚きです!

戦争するならドッジボールをしよう!

2009/01/12 16:31
たまたまドッジボールの話をしていて、私はドッジボールなんていう人にボールを当てて楽しむような野蛮で、体力や性格的な気の強さの異なる、いたいけない子供たちを同じコートで戦わせる遊びなんて、学校教育にはふさわしくないと小学生の時分から常々考えていたのですが、むごい戦争するくらいならむしろドッジボールで勝敗を決めちゃダメ?

それで何が言いたいのかと言うと、いわゆる「宗教戦争」(宗教を建て前とした戦争)というのは、その宗教教育のやり方に大きな問題があるんじゃないかなぁと最近思っています。思いっきりバイアスのかかった宗教教育をすると、やはりテロリストを養成することも可能だし、相互理解という扉がまず閉ざされてしまう。宗教間対話が必要といわれているけれど、本当に対話が必要なのは、そんな所に参加する人たちではなくて、対話が不可能な状態に(環境的にも精神的にも両方面で)閉ざされている人たちなんだと思うと、そこをなんとか出来ないのかねぇ…と思います。客観的平等性を重視した宗教教育のプログラムを、いろんな科目の一環として、全世界に普及させることができたら、各宗教の長所短所を、もちろん世俗社会の長所短所も含めて、小さい時から全世界の子供に教えられたらいいのに。もちろん押し付けるんじゃなくて、教えた後にその子供が何を選び取っていくのかはその子が自由に決めれる自由が必要。何か一つの宗教を好きになってもいいし、複数を好きになってもいいし、興味がないならそれでもいいし。子供というのは、いわば白紙の状態なので、親を絶対的に信じているし、その親が生きている社会や文化に恐ろしいほど順応していくから、やはり子供の教育ってのは、本当に本当に決定的に重要なんだと思います。

私の経験から言えば、教育って、思い通りにならなくても諦めない忍耐とか、出来なくてもこつこつ努力する大切さとか、人を思いやる精神とか、いろんな物に対する興味を潰さずに大切にすることとか、そういう「生きる力」の基礎体力を付けるのがメインで、知識とか学力とかは「おまけ」でいいとすら思います。でも競争社会なので、そういう訳にもいかないのがつらいところです。

それから、大人の身勝手で、子供の可能性の芽を摘み取ってしまわないように、私もちょっと教育に携わっているので、気をつけたいと思っています。でも、こんな偉そうに書いても、ちっさい子には何を言っても難しいことはよく分からないよね(笑)「人に優しくしましょう」って言っても、最初は義務という「形」から入るのでしょう。いつか本当の意味が分かればいいですね。

年末から、辞書とインターネットを駆使して読んでいた本が、やっと読み終わりました。私には難しすぎて途中ノイローゼになりかけたよ…でもおもしろかったです。

どうして悩む?宗教界

2009/01/11 13:04
宗教界、裁判員に悩む…1月11日3時35分配信 読売新聞

人を裁くことは、犯罪者も含めた人々の「心の救済」を目指す宗教の立場と両立するか。国民が参加して有罪・無罪などを判断する裁判員制度が5月に始まるのを前に、宗教界で議論が起きている。同制度では死刑判決に関与することもあるだけに、宗教の社会へのかかわり方が問われている。

 裁判員法では、「人を裁きたくない」というだけでは辞退理由にならないが、立法過程で「宗教上の理由で裁けない人もいる」という意見も出たため、「裁判参加で精神上の重大な不利益が生じる」と裁判官が判断した場合に限って、辞退が認められることになった。一方、刑事裁判への国民参加の伝統が長いイギリスやドイツでは、法律で聖職者は参加できない定めがある。

 「裁判員制度にどう対応するのか。宗派としてメッセージを明らかにするべきではないか」。700万人の信者を抱え、刑務所や拘置所で教誨(きょうかい)師を務める僧侶も多い浄土真宗本願寺派。京都市の西本願寺で昨年10月に開かれた宗派の議会で質問が飛んだ。

 浄土真宗では、「人間はだれでも罪を犯す可能性を持つ弱い存在」と説く。僧侶や信者には「そんな自分が他人を裁いていいのか」と抵抗感を持つ人も多いが、答弁に立った同派幹部は、「引き続き検討していく」と述べるにとどまった。

 同じ浄土真宗で、死刑制度に反対している真宗大谷派(信者550万人)でも昨年6月、宗派の議会で裁判員制度が取り上げられた。幹部は宗派の見解として、制度そのものに対する意見表明は考えていないとする一方、「裁判員に選ばれたら、真宗門徒として死刑という判断はしないという態度が大切だと考えている」と答弁した。

 禅宗の曹洞宗のある僧侶は、「人を裁くことはできないと思う一方、宗教者としての意見をしっかり述べることが大切という考え方もある」と悩む。

 新約聖書に「人を裁いてはならない」というイエスの言葉があるキリスト教。全国で約800の教会を抱えるカトリック中央協議会は、「私的な裁きは認められないが、法治国家の正式な裁判制度まで否定はしていない。ただ、被告の人権への配慮や国民の十分な理解が必要だと思う」とする。

 一方、東京都北区の神召(しんしょう)キリスト教会(プロテスタント)の山城(やまき)晴夫牧師(80)は「様々な考え方があり得るが、非常に重い問題で、すぐには答えが出ない」と話す。

 全国約8万社の神社を指導する神社本庁は、「国民の義務として、裁判員に選ばれたら原則参加する」という立場だ。

…だそうです。まぁ、そんなに悩まなくても、各々の宗教的理念を存分にその判決に反映させていけばいいんじゃないでしょうか。これこそ、各々の宗教的理念を社会に実現・実践するためのまたとない機会だと思いますし、それこそ宗教の本来望んでいる体制なのでは?そして様々な思想や意見を考慮する、というのも裁判員制度の臨むところだと思います。ここで宗教を活かさずにどこで活かすつもりなんでしょうか。どこに宗教界が悩む要因があるんでしょうか?このメディアの書き方がなんとなく嫌です。

There's probably no God.

2009/01/11 09:53
There's probably no God..
Stop worrying and enjoy yourseif!

[ロンドン 8日 ロイター] 英国の無神論者が今週、同国の公共交通機関で「神は存在せず」と通勤客らに呼び掛ける広告キャンペーンを立ち上げ、話題となっている。英国全土の都市で運行する800台のバスとロンドンの地下鉄の車内に貼られたポスターには、「おそらく神は存在しない。心配することを止めて人生を楽しもう」と書かれている。無神論推進派で作家でもあるリチャード・ドーキンス氏は、宗教に関心を持ち過ぎることが幻滅につながるということを示す手助けになればと、今回のキャンペーンを支援する理由を語った。同国の宗教界では、英国教会の存在が大きく、一部の司教らが議会の上院に相当する貴族院の議席を占めている。コメディアンで同キャンペーンの主催者でもあるアリアン・シェリン氏は、車内のポスターが通勤客らに笑いをもたらすことに期待を寄せているとし、「とても楽天的で緩やかな哲学的キャンペーンだ」と語った。

Call me by my true name

2009/01/09 21:05
どれだけ勉強しても、宗教的事柄の真実というのは、人間にとって、私にとっての一つの見解とか解釈でしかないのかもしれない。「世界観」とか「パラダイム」の流れ、というのは確実に私達の物の見方考え方を規定していて、だからもう何が真で何が偽なのか、すっかり分からなくなってしまう。

さて、ティク・ナット・ハンという禅僧の方が書かれた『どうか私を本当の名前で呼んでください』という素敵な詩を知ったので、紹介したいと思います。梵我一如というか、ワンネスというか、神秘主義というか、内なる神というか、あなたは私であって、私はあなたであるような、はたまた第三者的な視点であるような。なんだか分かるような分からないような・・・「私の本当の名前」って何だと思いますか?分かったら教えてください。



どうか私が明日去ってゆくなどと思わないでください
私は今日もなお やって来ているのですから

深く見つめてください
私は毎秒やって来ているのです
春 枝先に萌ゆる蕾となって
真新しい巣で歌を習っている
まだ壊れやすい翼を持った 小鳥となって
花の芯にとまっている毛虫となって
そしてまた石の中にまだ隠れている宝石となって

私はなお やって来ているのです
笑い また泣くために
そして恐れ また希望を抱くために
私の心臓のリズムは 
生きとし生けるものすべての 生と死です

私は川の面で変態している かげろうです
そして私は そのかげろうに襲い掛かって
飲み込んでしまう 小鳥です

私は 水の澄んだ池のなかで
楽しげに泳いでいる一匹の蛙です
そして私は 音も立てずに
その蛙を食べてしまう ヤマカガシです

私は骨と皮ばかりで 
竹竿のような細い足をした ウガンダの子供です
また私は 人殺しのための武器を
ウガンダに売っている 武器商人です

私は海賊にレイプされたのち
海に身を投げる 小さな船に乗った
十二歳の難民の少女です
そして私は海賊です
私の心はまだ 見つめることを
そして愛することができないのです

私は大きな権力を手にした
党政治局員です
そして私は強制労働収容所の中で
徐々に死んでゆきながら 人民のために
「血の負債」を支払わなければならない男です

私の喜びは春のようにあたたかく
地上のいたるところに花を咲かせます
私の苦しみは 涙の川のようです
四つの海のすべてを満たすほどに
はてしなく広がります

どうか私の本当の名前で呼んでください
私の泣き声と笑い声のすべてを
同時に開くことができるように
私の喜びと苦しみが
ひとつであるということがわかるように

どうか私の本当の名前で呼んでください
私が目を醒ますことができるように
そして私の心の扉を
慈悲の扉を 開け放つことができるように

『ラブ イン アクション:非暴力による社会変革』より

かっこいいと思う人

2009/01/02 14:55
090102_1442~01

金枝篇をお書きになって、安楽椅子人類学者と揶揄されるジェームズ・フレイザー卿です。かっこいい??宗教界一のハンサム?

エリアーデのちょっと嫌いなところ

2009/01/02 14:49
「時間との戦い」とか言って、睡眠時間をどれだけ削減していかに無駄をなくすかという挑戦をして、一日二時間睡眠まで削っちゃうようなストイック過ぎるところ。それから、宗教学者のくせに政治的で、ジャーナリスティックな活動に奔走しちゃうところ(笑)。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。