スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本宗教学会

2009/09/10 18:04
明日から三日間、日本宗教学会があります。ベル係りやります。足手纏いにならないようにがんばります(汗)あと、私のことなので、くれぐれも発表に聞き惚れて、ベル鳴らし忘れる、などということのないように…と、ひたすら自分に言い聞かせております(涙)
スポンサーサイト

大川隆法氏を目撃!

2009/08/18 23:33
今日は、京都府立植物園に食虫植物を見に行ったんです。ハエトリソウとか、めっちゃ可愛かったです。で、そこに行く時に、京都駅前で、なななんと、幸福の科学の主エルカンターレ、また幸福実現党の総裁である大川隆法氏が演説しているところに(運良く?)遭遇しました!!!

いやー、すごかった。あの声と言葉とか、彼は間違いなく“カリスマ”という言葉がぴったりでした。うん、やっぱりね、魅力的でしたよ、とてもパワフルで。カリスマパワーって怖いなぁ。宗教を研究している私でも引いてしまうくらい、信者の熱狂も凄かった。日本人は無宗教だし、宗教嫌いだってよく言われるから、日本であんな光景が見られるとは思っていなかったので、とても変な感じでした。日本人は無宗教って言うけど、そんなことはないですね。むしろ、日本人はそういうものに、最も流されやすい、信じやすい民族である気もしています。

「幸福の科学」についてあまり知らなかったので軽く調べてみたら、自動書記でイエスをはじめとするおびただしい数の偉人とチャネリングしてるんですね、彼の著書も読んでみたいです。

『シンボル理論と伝統思想』読了

2009/08/05 18:30
『シンボル理論と伝統思想』読みました。もちろん、以前にも気になる章だけパラパラと読んでいたのだけど、全体を通してじゃないと全然理解できてなかったー(汗)私が象徴だと思っていたのは、精神分析・心理学的な象徴とか人類学的な象徴にエリアーデの見解をちょっと足したもので、それなのにあんな研究計画書出して、よく通ったものだわ(冷汗)お恥ずかしいことに、私、「象徴」ってあんまりどういうことかよく分かってなかったんですよーよく分からなかったから知りたかったのもあるんだけど、エリアーデがいくら「象徴は、人間が象徴を作り出すわけではなくて、あくまで固有の体系があるのだと、人はそれを忘れたり再発見したり、また新たな意味を新発見するだけで・・・」ってなことを口酸っぱく言っていますが、私はそこを何度読んでも「象徴が自立的かつ自律的な体系をもってるって、どーゆーこと?象徴は人間の文化であって、人間の複雑な存在実体をどんな言葉よりも明確に表現するものではないの?」といまいち真意が掴みきれずにいたのですが、要は「照応論」のような意味で言っていたということで、今回かなりスッキリしました。いやぁ、またもや超勉強不足を実感しております。でも、キリスト教の伝統世界でかなり影響力を与えたディオニシオスについて知れて、とーっても勉強になりました。これがソフィスティケイテッドされたエリアーデの理解の仕方なのかぁ・・・なるほどなぁ。って、暢気にこんなこと言っている自分に不安を感じます。

『変容の象徴(下)』

2009/07/25 16:58
『変容の象徴』(下)読み終わりました。読むのはなかなか大変でした。が、大変おもしろかったです。うーん、うーん、なるほどなぁ?

『変容の象徴(上)』

2009/07/15 23:03
『変容の象徴(上)』を読みました。リビド(心理的エネルギー)が代替物に向かい、そのエネルギーが変容される際に表れる象徴について、おびただしい数の神話や壁画などから例が引きつつ書かれています。フロイトの『トーテムとタブー』のインセスト・タブーについて一歩、深い理解が得られました。

象徴については、エリアーデとずいぶん理解の仕方が違って、とまどっています。やはり、ユングの象徴理解は(きっとエリアーデが見ても)偏ってるなぁーと思うところもあったりします。でも、偏っているぶん、時にはエリアーデでは手の届かないところに手が届くというか・・・。でも神話のロジックに関しては、すごく新鮮でおもしろかったです!エリアーデの神話論よりも説得力があったりするかも、と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。