スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏を振り返って。

2009/09/30 14:06
今日で夏休みが終わりだ。今年は、自動車学校(二キロ痩せる)、江国香織(かなりハマる)、日本宗教学会(来年からについて衝撃的な告白を聞くこととなった)、の夏でした。いろいろ遊びにも行ったし、良い夏やったな☆

今日は、過去の自分にまつわるものを、かなり処分した。過去の交換日記とか、手紙とか、あらゆる書類とか写真。シンプルで身軽な方がいい。本棚も、今必要なものしか置かないように整理した。要らない本は売り払ってしまう。

明日から授業です。
スポンサーサイト

日本宗教学会

2009/09/10 18:04
明日から三日間、日本宗教学会があります。ベル係りやります。足手纏いにならないようにがんばります(汗)あと、私のことなので、くれぐれも発表に聞き惚れて、ベル鳴らし忘れる、などということのないように…と、ひたすら自分に言い聞かせております(涙)

自動車学校卒業しました。

2009/09/09 11:25
約五週間かけて、きのう自動車学校を卒業しました。もともと運動神経がなく、間抜けていてボーっとしている私にとって、自動車学校での日々は、それはそれはハードな毎日なのでした。第一段階、技能の「みきわめ」で二度落ち、さらに技能の最終試験で二度落ち、神経は張り詰め、家に帰ると放心状態だった日々。徐々に運転体力も付き、第二段階。横に知らないおじちゃんを乗せ、路上に怯え、慎重に走れば「遅いからもっと早く!!」と言われ、元気よく走れば「もっと慎重に云々…」と懇々と説教され、教官たちの指導の統一感の無さに戸惑い、泣きたいのを堪えながら「はい、はい」と、とりあえずもうなんでもいいから返事だけはして、疲弊。もう小学生でもないのに、しかられ、怒られ、運転を馬鹿にされ、2キロも痩せてしまった・・・。(私の運転が下手だからしょうがないのかもしれないけど。)後半は現実逃避せずにはやってられず、江国香織の小説に入り浸りながら、半分意識のないままあれよあれよとクリアし、最後の方は半ば虚ろな病人のようになりながら卒業しました。もうあそこに行かなくていいのは本当に嬉しい。あ、でも車を運転できるようになったということ自体は、本当に嬉しい。運転自体は楽しいんだもん。今日から静かな生活に戻ります。

ファンタジーについて。

2009/09/02 16:17
たまにだけど、どんな偉大な哲学書を何冊積み上げても、一冊の小説には敵わない、と思うときがある。

「彼女は、この世界を涙の谷と考えてはいなかった。むしろ逆に、神様が冗談半分でお作りになったものだと考えていたので、それを生真面目に受けとるのはばかげたことだとみなしていた。」(イサベル・アジェンデ)

とか、こんなパンチの効いた文章を読んだ時、ファンタジーは、無敵だと感じる。本当に、惚れぼれしてしまう。ファンタジーは事実ではないわけだけれども、だからこそ、事実とか現実を突き破って、かえって真実を与える。(なんか上手く言えないけど。)

戯言

2009/08/30 19:38
自動車学校の日々はそれはハードなので、どうしたって逃避の手段の一つや二つは要る。というわけで、それ以外の時間は小説に没頭している。

24時間テレビって、なんて悪趣味なんだろう、と思う。あれを見て、感動して楽しむ、というのは、うーん、なんか出来ない。

免許を取ったら、バイトを始めようと思う。物を買うたびに思う。このままでは私はこの社会において「生産しない女」だと。消費ばかりしている、と。

アメージング・グレースに「I was found」という歌詞があるけど、この「見出された」という受動態の感覚は、すごく分かる気がする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。